キシイのコト

旭川で生まれ、旭川とともに成長してきたキシイ
100年の節目を迎え、次の時代へ歩み出す

大正期の旭川でビジネスチャンスをつかんだ創業者

創業者・岸井良太郎の出身は愛媛県。大正の初め頃、知人を訪ねて旭川へやってきたのがすべての始まりでした。川が多く地下水脈の豊かな旭川は、地面に穴を掘ればすぐに水が湧き出るような土地で、鉄製のパイプを打ち込むだけで手押しポンプの井戸を作ることができました。このことを知った良太郎は、この地に大きな可能性があることを直感し、移住することを決めました。

1917年(大正6)、良太郎は西神楽市街に岸井良太郎商店を創業。当時の旭川は産業・経済の基盤が確立し、道北の中心地として急速に発展していた時期で、農地開拓が進み、都市部の人口も急激に増加していました。時代の流れに乗り順調に業績を伸ばしてきた岸井良太郎商店は、西神楽から旭川市1条10丁目に店舗を移し、ポンプ・鉄管・バルブ・コック等の卸売業へと事業を拡大。井戸や農業用水などの水関係だけでなく、ガスや空調などの配管、ポンプやボイラーなどの設備機器、住宅設備品など取扱品目も多様化していきました。

株式会社キシイ 事業の沿革

1917
大正6年
6月
西神楽市街に初代岸井良太郎が店舗をかまえ、岸井良太郎商店を創業する。
1925
大正14年
8月
旭川市1条10丁目右10号に店舗を移す。
1932
昭和7年
6月
旭川市1条10丁目右8号に店舗を移し、ポンプ・鉄管・バルブ・コック等の卸売業を始める。
1945
昭和20年
8月
初代岸井良太郎他界、岸井啓祐が事業を継承する。
1954
昭和29年
1月
法人組織に改組し、『株式会社岸井良太郎商店』とする。 初代社長 岸井 啓祐が就任。
1966
昭和41年
8月
旭川市1条13丁目右4号に鉄骨倉庫を建造する。
1967
昭和42年
5月
旭川市1条13丁目右6・7号に、地下1階・地上3階の事務所を新築する。
1973
昭和48年
8月
電算機導入、事務処理合理化開始。
1975
昭和50年
8月
旭川市忠和4条8丁目に鉄骨倉庫を建築。
11月
『株式会社岸井良太郎商店』を『株式会社キシイ』と商号を変更する。
1976
昭和51年
8月
資本金 12,000千円を15,000千円に増資。
1977
昭和52年
4月
資本金 15,000千円を18,000千円に増資。
1978
昭和53年
3月
旭川市宮下通13丁目右4・5号に資材置場兼駐車場用地を取得する。
1980
昭和55年
6月
資本金 18,000千円を30,000千円に増資。
1984
昭和59年
5月
旭川市宮下通13丁目右5号に駐車場用地を取得する。
1987
昭和62年
10月
電算室設置、事務所改装及びボイラー設備入替。
1994
平成6年
5月
旭川市宮下通13丁目右6・7・8・9号に資材置場用地を取得する。
1998
平成10年
1月
旭川市1条13丁目右7・8号に地上2階の事務所を増築。
2000
平成12年
4月
役員異動
代表取締役社長 岸井啓祐が取締役会長
代表取締役専務 岸井康祐が代表取締役社長
取締役 山本武司が常務取締役
にそれぞれ就任。
2009
平成21年
7月
取締役会長 岸井啓祐が他界。
2013
平成25年
4月
常務取締役 山本武司が辞任し相談役に就任。
2017
平成29年
2月
岸井一憲が取締役営業部長に就任。
5月
河合博樹が取締役営業部長に就任。
6月
創業100周年を迎える。
ページトップ